トップ / 様々な医師の仕事と給料

様々な医師の仕事と給料

病院による医師の給料

総合病院

医師の貯金はどのくらいか

医師は病院によって給料に格差があります。研修医時代は看護師よりも4~5万円も安く、生活が苦しいので、他の病院で当直のバイトをしています。大学病院に勤務するよりは、個人病院の方が給料ははるかにいいです。高い給料でいい医師を引き抜くのです。一番いいのは防衛医大に入学することです。大学の費用は一切いりません。そのかわり言われるまま、へき地の病院へあちこち9年間行かねばなりません。防衛医大に入学すると、防衛省の職員になり、医大生なのに、給料も出るのです。それを防衛省に貯金すれば、年5%前後の利子がつきます。

医師の貯金事情について

貯金の額は医師によって様々です。多い人もいればそうでない人もいます。多くは独立するために熱心に貯金を行うケースが多いです。中途半端な額では独立は出来てもその後の病院経営が苦しくなるので意味がないです。それを行う時は長期的な視点から行うケースがほとんどです。開業医として自分の病院を設け、ゆったりと患者のケアを行う事を目標にしている人は多いです。その夢を実現し、長期間にわたって地域社会で活躍するために熱心に取り組む医師がほとんどです。お金を使う時間がなく、自然に多額の現金が貯まっていたというケースもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.