トップ / 医師の国際問題を考える

医師の国際問題を考える

海外で活動する医師

総合病院

海外で活躍する医師について

海外で活躍する医師はそこで最新の医療技術を学んだり、日本で活用する事が出来る技術を学んだりしています。一方、医療サービスを受ける事が出来ない海外の人々のケアを行うために現地に行く医者もいます。そこで学んだ技術、経験を日本にも還元すべきです。還元出来れば日本の医療技術が向上します。また、国際問題への意識が高まります。外国で活躍する事は悪い事ではないです。しかし、長期的な視点で見た場合、国内から良い人材が流出するので注意が必要です。そのような医師が国内でも活躍する事が出来る環境をもっと整備すべきです。

海外で医師になる方法

日本で医師になるためには医学部に入学しなければいけません。海外でも同様です。日本と違う部分は、ビジネスからネイティブレベルの英語が必要なことです。英語力の習得のために医学部に入学する前に1、2年英語の勉強をするために早めに留学する学生もいます。海外の国立大学の医学部の中には世界の学生に門戸を広げている大学があります。学費が比較的安く、日本で地方から都会に出てきて一人暮らしする程度の学費や生活費で医学部で勉強することができます。早い人では10年以内には出身大学のある国での医師の資格を持つことができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.