トップ / 在宅で医師の治療を受ける

在宅で医師の治療を受ける

在宅医師の問題とは

総合病院

在宅ケアを行う医師について

昨今、往診を行い、医療機関への通院が難しい人のケアを行っている医師が増えています。それによって在宅で良質なサービスを受ける事が出来る人が増加しました。反面、それに多くの時間を取られ、医療機関での診察時間が遅れるといった問題が生じています。今後、このような環境を改善するためには在宅専門の医療機関を充実させ、開業医は診療機関でのケアに集中した方が良いです。同時に両者の医師が常に連携し、患者の心身の状態を把握するようにします。患者だけではなく、ケアを行っている家族のケアも行える人材がそれを担うべきです。

医師が設立した日本在宅医学会

在宅医療を始めた医師たちが、医療の推進や知識や経験を集積して、学ぶ場を作るために設立されたのが、東京都の順天堂大学医学部神経学教室内に事務局を置く、一般社団法人日本在宅医学会になります。こちらには、約1700名の会員が所属しています。2002年には、専門医制度を設けたり、2009年には、全国の研修プログラムで専門医研修が開始されています。2010年からは、認定専門医試験が実施され、5年以上の医師としての経験が受験には必要条件となっています。高齢化が進むことが予想されることから、必要な学会といえるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.