トップ / 医師の転科を考えよう

医師の転科を考えよう

医師は転科ができる

総合病院

働く医師も考える転科

自分が一体何に向いているのか、何を目指して働いているのか、一般企業で働く方も多いに悩むことがあるかと思います。常に命の現場に向き合っている医師にとっても、今いる科が本当に自分にとってベストな状況なのか、自分の能力が最大限に生かせているのか悩むことがあります。もしも、働く中で本当に自分に向いているのは違う科なのではないか、別の道もあるのではないかと思ったときは、転科を考えてみるということは、医師としてマイナスには働かないでしょう。

医師が転科する事がある

医師というと、専門の科に居続けるイメージがあるかもしれません。ですが、意外にも転科する事があります。理由として挙げられるのは、人手不足のためです。一部の科が存続するか否かで、その病院の経営に関わる事があります。医師というのは資格を得る際、人の体全体を勉強しています。つまり、科に縛られずに勤務する事が可能なのです。特殊な資格が必要なケースは除きます。後は、本人の希望で何科に勤務するかどうかが決まります。向き・不向きや得意・不得意があるのは当然ですから。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.