トップ / 医師の平均年収はいくらか

医師の平均年収はいくらか

医師の平均年収は

総合病院

医師の平均年収について

病院勤務医師の平均年収は平成27年の調べによると1098万円となっています。医学部卒業後、研修医としての平均年収は300万~400万円です。研修医後、大学病院の医局勤務になった場合、20台~30台前半の医師で300~600万、講師になると700万円台、教授で1000万円前後ほどです。研修医後、市中病院の勤務医になった場合、1年~5年で600~800万円、5~10年で1000万円台、部課長クラスで1500万、院長で2000万円ほどです。開業医の場合、軌道に乗れば年商2000万~3000万位です。

医師の平均年収は高額です

一言に医師といっても平均年収の状況はさまざまで、医者になるためには誰でも経験する研修医時代は、300から400万円で昔に比べればだいぶ改善されています。医師の平均年収は1479万円で大学病院の医局なら講師で700万円台、助教授で800万円台、教授になると1000万円台となります。市内病院勤務で600万から1000万円で、開業医になると年商2000万から3000万と言われていますが、初期投資にお金がかかるので手元に残るのは半分くらいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.