トップ / 医師が行う外勤の理由

医師が行う外勤の理由

医師のバイトの利点

総合病院

医師のバイト事情について

「近所の開業医はおじいちゃん先生なんだけど、1週間に1回若い先生が診察していて息子さんではないみたい」などと言う会話を時々聞きますが、この若い医師はおそらく大学病院からの外勤医でしょう。外勤医というのは外で勤務すると言う意味で、いわゆるバイトです。バイトをする理由は色々あります。生活費をもっと捻出したい、大学病院ではまだ下っ端で外来診療は担当させて貰えないけど外勤先なら外来診療を担当させて貰えるので経験を積みたい、恩師だから手伝いたい、などです。しかし一番多いのは、所属する医局の教授や医局長から行ってみないかと言われた、というケースです。外勤先がお世話になった指導医が開業しているクリニックだったり、先輩医師が開業したクリニックだったりすると、恩返しに手伝いたいという気持ちも加わります。そしてバイト代は日給ではなく時給で約1万円ですので、外勤の有無で収入は大きく違ってきます。外勤は1コマを3時間ほどの午前診か午後診とし、多くの病院では週3コマまでOKです。

バイトを探したい時は求人サイト

結婚し、子育てのために医師の仕事を辞めてしまった女性もありますが、せっかく取得した資格をこのまま使わないのはもったいないことなので、子育てが一段落したら、また復帰しようと思う方が少なくありません。しかし家事や子育てと両立させたいので、フルタイムでは働けないというなら、バイトの募集を探すことをおすすめします。全国的にどの病院やクリニックでも、医師の人手不足が問題になっていますから、短時間でもいいので働きに来てほしいと考え、求人募集を出しているところはたくさんあります。バイトを探している方にとっては、選び放題の状態なので、まずはインターネットで求人サイトにアクセスして、探してみるようにしましょう。経験者は優遇されますから、最初から高い時給をもらって働くことも夢ではありません。もともと専門職なので、待遇が良いところがほとんどなので、出来るだけ多くの求人を比較し、もっとも条件の良い職場を選んで、応募するようにしてください。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.