トップ / 医師にとって英語は大切

医師にとって英語は大切

医師にとっての英語力

総合病院

医師にとって英語能力は必須

医師にとって英語能力は必須です。一つは研究に使う論文的な言い回しができなければなりません。学会などでは英語で説明しなければならない場面も多いです。もう一つは医師の会話の道具としての力が必要です。近年、日本に住む外国人が増えてきました。その人たちが、すべて日本語がわかるとは限りません。しかも、インフォームドコンセントが重要視されている現代では、患者が日本人であっても病状がうまく伝わるかどうかは問題で、人によって表現を変えて話します。外国人とあればなおのこと会話の道具として必要です。

英語ができる医師のメリット

英語ができる医師はどんなメリットがあるでしょうか。それはやはり、外国人患者とコミュニケーションがとれるということです。近年日本に住む外国人は増えていますし、海外旅行で日本に訪れる人も大勢います。日本に住んでいる日本人でも病気になれば心細く感じますが、言葉が通じないとなればもっと不安になります。しかし、そんな時医師が英語で病状や治療さらには薬の説明などしてくれるなら、不安や心細さがある程度軽減するでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.