トップ / 医師とドイツ語の関係

医師とドイツ語の関係

医師が使う医学用語

総合病院

医師におけるドイツ語の必要性

医師は嘗て、カルテをドイツ語で記載する事が主でした。これは日本が西洋医学を導入する際にドイツからの輸入であったという経緯に加え、患者から視認出来る状況でカルテ記載をする際における機密保持の目的があったと考えられます。ところが現在では電子カルテの普及により、後者の機密に関する面では言語上の問題は無くなっています。また医学全般における共通言語も英語となっており、医師養成の段階でもドイツ語は一般教養程度の学習に留めるケースが殆どとなっています。但し古くから使われる医学用語の一部に残存しています。

医師がカルテにドイツ語で記入

医師は、患者さんの診療内容を、診療記録するのですが、昔と現在では記入する言葉に違いがあるようです。この診療内容を記録する用紙は、カルテといわれるもので、これはドイツ語になります。他にもたくさんあり、昔はカルテにドイツ語で記入していた時期があったようです。これは、日本に西洋医学が広まった時期は、ドイツが最も医学が進んでいたからといわれています。現在の医師は、英語や日本語を使用することが多くなっていますが、これは看護師にもわかりやすく、アメリカの医療の進歩も影響しているようです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.