トップ

医師に必要なコミュニケーション

医師に必要な英語

総合病院

英語を話せる医師について

昨今、外国人の数が増加し、医療機関、医師でうまくコミュニケーションが取れず、ケアがうまくいかないケースが出て来ています。今後、医学用語の英語を学ぶだけではなく、コミュニケーションにつながる英語も学んだ方が良いです。英語でコミュニケーションを取る事が出来る医師がいれば、患者は精神的に安定します。また、このような人が増加する事によって日本の医療がプラスに評価されます。専門的な言葉を知っている事は重要です。しかし、日々のコミュニケーションで活用出来るそれを知らなければ患者や家族の本当のニーズを知る事は出来ないです。それを身に着ける事は患者の利益につながります。学生時代からこれを学べるカリキュラムを構築した方が良いです。人として大事な部分を学ぶ事が出来るので学生にとってはメリットが大きいです。今後、さらに外国人が増えるとされています。それだけではなくあらゆる言語でコミュニケーションを取る能力が必要になります。

医療で使うことが多い英語

医師が基本的に使うのは英語ですが、ギリシャ語系の単語が中心になります。心臓や肺などの用語を使う場合には、イングランドに昔から伝わるアングロサクソン語を使う場合と、ギリシャ語系やラテン語系の借用語を使う場合の2種類があります。外来語のほうが難解な単語が多く、アングロサクソン語のほうはハートやブレインなどの馴染みやすい単語が多いのが特徴です。西洋医学は古代ギリシャで生まれたため、ほとんどの専門用語はギリシャ語が語源です。ギリシャ語が元となってラテン語を経由して英語となったものや、フランス語を経由したストマックなどもあります。日本では明治時代に西洋医学が活発に導入され、ドイツの技術を中心に取り入れたおかげで、医師がドイツ語を使う伝統もあります。しかしながら、最近の学会では共通語となる英語を使うのが常識となっています。昔はラテン語が国際語でしたが、大英帝国が覇権を握るようになってからは状況が大きく変化しました。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要なコミュニケーション. All rights reserved.